データ保存を上手く活用しよう|nasで心配ナシ

サラリーマン

ネットワークと記憶媒体

記憶媒体を有効活用する

オフィス

コンピュータを日常生活や仕事で利用する人は数多く存在しています。しかし利用者の用途は人それぞれなので、ハードの性能をフル活用できているとは限りません。特に利用者の影響が強く現れるのは、データを保存する記憶領域です。例えば文字しか保存しないユーザーと画像や動画を保存するユーザーの間には、ハードディスクの利用率に開きがあります。現代で販売されているハードディスクの中には携行性に優れた製品が存在します。仮にデータを持ち歩く機会が多い職場であれば、利用者の使い方によって外付けハードディスクの性能を発揮できないという事です。だからハードウェアの性能を十分に発揮する仕組みが考案されました。それがnasと呼ばれる機器が登場した経緯です。

nasのレンタルが登場

nasはネットワークケーブルに接続して、様々な場所からデータ保存する事ができます。複数の利用者でシェアする使い方が一般的なので、個人よりも企業活動において重宝されているのです。しかし通常のUSBタイプの外付けハードディスクよりも高価な機種です。よって利用経験の無い人は気軽にnasを導入しようとはしませんでした。それはnasの販売規模を狭める恐れがあったので、新しいサービスを開発する事で乗り切ろうと考えられたのです。nasは販売サービスだけでなくリース契約のサービスも行われるようになりました。リース契約であれば僅かな利用料金を支払い続けるだけで、nasの利用権を取得できます。製品を試しに使ってみたいと考える人にとって、リース契約は非常にありがたいものでした。