データ保存を上手く活用しよう|nasで心配ナシ

サラリーマン

nasの意味と費用

オフィス

nasは、Network Attached Storage(ネットワーク接続のストレージ)と呼ばれているもので、3つの頭文字をつなげた略称です。ネットワーク接続は、インターネットで使われているイーサネットが使われます。また、ストレージとは、デジタルデータを保管する装置あるいは装置を含む全体のシステムのことを言います。つまり、nasとは、インターネットなどのネットワークを介して、デジタルデータのやり取りができる装置あるいはシステムです。 nasを構成しているものは、ハードディスクなどの記憶装置とそれを制御するコンピューター及びソフトウェアです。そして、nasはネットワークスイッチを介して外部のサーバーとネットワーク接続されています。

個人でnasを構築するには、簡単なものでも数万円はかかります。ただ、個人の場合には、nasを構築するよりは、数多いオンラインストレージサービスを利用する方が安上がりで、手間もかかりません。 企業などが自社にnasを構築するときには、専門の業者に依頼するのが普通です。これにかかる費用は、その大部分がどのようなnasの装置を使うかによります。装置以外には、数千円から10000万円程度の出張料金、1時間あたり5000円から10000円程度の出張作業料金や1台あたりのnas構築費が数万円かかります。また、nasに接続するパソコンなどの端末の台数やユーザー数などに対して1件あたりいくら(千円くらい)というような別料金もかかります。