データ保存を上手く活用しよう|nasで心配ナシ

サラリーマン

nasの特徴について

オフィス

nasとは、LANに接続して使うデータ保存機器です。中身はハードディスクです。ハードディスク複数内蔵タイプは、RAID(レイド)機能を使うことができます。完成品と、ハードディスク別売のキットタイプがあります。

Read More...

nasの意味と費用

オフィス

nasとは、ネットワークを介してデジタルデータを保存する装置あるいはシステムのことを言います。個人の場合には、オンラインストレージを使うの安上がりです。また、nas装置の価格によって大方の構築費用が決まってきます。

Read More...

nasの魅力とは

nasとは

オフィス

nasはネットワーク・アタッチメンド・ストレージのことを指すIT関連の用語です。nasは、ここ10年ほどのネットワークの普及とともに急速に普及していった、データの保存先のことです。一見すれば、パソコン内でできるのではないか、usbメモリや外付けhddなどでも足りるのではないかと見らてしまいますが、nasの最大のメリットは容量の大きさと共有にある。市販のhddよりも大きなテラバイト級の容量が、比較的安価で手に入ることに加えて、本来パソコンは一対一の接続が基本になっていますが、nasはハブを通すことで複数のパソコンと同時に接続することができます。なので、会社のオフィスで使用するすべてのデータの保存と取り出しが簡単にできるのです。

導入について

nasは利便性に優れているため、会社などはもちろん個人でも使用されていることも多いが、導入に必要な経費はどのようなもでしょうか。nasを取り扱っているハードウェア会社はいくつかありますが、平均的には、おおよそ1万5千円〜4万円くらいの値段が多いようです。容量は2テラバイト〜5テラバイトのものが多いようです。容量と本体価格は比例しており、容量が多ければ値段も高くなる傾向があります。取り付けなどのサービスは場合によっては掛かることがありますが、個人でも導入ができますので、必要な時だけたのむことで経費の節約にもなるでしょう。また、サーバーなどを使用して運営している会社以外では、そこまで大容量のものを使う必要はないため、相場程度の値段で、安価に導入することができるでしょう。

ネットワークと記憶媒体

オフィス

ネットワークに接続して利用するnasは、記憶媒体の欠点を上手くカバーしました。外付けhddよりも高価な機種であるため、気軽に導入し難かったという点は事実です。しかし欠点はリース契約のサービスによってフォローされています。

Read More...